私ども老李グループでは、長崎中華街をはじめ長崎県内で4店舗を展開。「お客様に食の喜びを味わって頂ける最高の場をお届けしたい」という初代 李明の精神を受け継いでいます。

芙蓉蟹肉(かに玉あんかけ)

 

芙蓉蟹肉(かに玉あんかけ)

Kanitama
ご家庭で出来る本格中華料理、今回は、「かに玉あんかけ」です。
タイトルにある漢字は「芙蓉蟹肉」フーロンシェロウと読みます。
ちなみに、前回の「高菜炒飯」は、ガォツァイチャオファンと読みます。

【材料】
卵      3ヶ
白葱     1/3本
干し椎茸(前日水戻し) 1枚
筍      30g
木耳(前日水戻し)   3g
青葱     5g
蟹の身    50g
塩      小さじ1/3弱
味の素    小さじ1/3弱
胡椒     少々
【たれ】
清湯     200cc
味の素    小さじ1/3
醤油     小さじ1/2
酢      小さじ1
塩      小さじ1/3
砂糖     小さじ1
麻油     少々
オイスターソース  小さじ1/2
片栗粉    少々

【作り方】

  1. 鍋に300ccの水を沸かす。
  2. 筍を細い糸切りにし1.のお湯で約10分ボイルし、その後流水する。
  3. 白葱、椎茸、木耳をそれぞれ細い糸切りにする。青葱は小口切りにする。
  4. ボールに卵を割り入れて、切った材料と蟹の身を入れて下味を入れる。
  5. 鍋をよく空焼きして油をなじませる。火を止めボールの卵を叩くように混ぜ合わせる。
  6. 油をなじませた鍋を再び火をつけ温めて油返しをする。
  7. そこへ、いっきに卵を流し込み半熟ぐらいまで混ぜ、いったん火から下ろして周りを成型する。
  8. 中火にして裏面も焼き上げる。この時、中心部分の火の通り過ぎに注意する。
  9. 焼き上がりを皿に盛り鍋をかるく洗う。そこへたれ用の調味料を入れ味を調整し、決まれば水溶き片栗粉でとろみをつけ卵の上からあんかけにする。

  関連記事